イワタトシ子 ウェブサイト

2019.10
IWATA TOSHIKO
” 明後日出逢ってしまった麒麟 “

■ オープニングフィルム
 撮影 :ririco
     - New York
     non-et
     - Stockholm
     - Helsinki
 編集 :三品鐘

ウェブサイト制作:non-et

ディレクション:イワタトシ子

ドキュメンタリー映画『We Margiela』公開記念イベント

we marginal

2019.2.15 – 18 
UNEVEN GENERAL STORE
:名古屋市 

ドキュメンタリー映画「We Margiela」公開記念・関連イベントとしまして、Martin Margielaの創造性を再考するサイドストーリーイベント(Martin Margielaの歴史を紐解く貴重なアーカイブや資料の展示・販売、関連本の販売等)が開催されました。

主催 UNEVEN
ディレクション イワタトシ子
資料提供 エスパース・サロウ 有限会社シーワークス

- We Margiela -

姿を消したデザイナー”白”に隠された秘密

ファッショニスタから熱烈に支持され、メディアには匿名性を貫いた「メゾン マルタン マルジェラ」のデザイナー、マルタン・マルジェラ。1997年~2003年にはエルメスのウィメンズ・プレタポルテのデザインも手がけ、ファッションの最先端を築いたマルジェラだが、2009年、表舞台から突然姿を消した。謎に包まれ、ファッション業界では異色の存在であった彼の素顔を、最も近い存在であるマルジェラ影の立役者メイレンスやクリエイティブチームである「We=私たち」が、本作品にて明らかにしていく。

We Margiela
名演小劇場

… special thanks
Atelier rei, Dhal, LIEB BOOKS

©2017 mint film office / AVROTROS

12月 に 赤いネコ7個 と NUI50 の •••••••メリークリスマス

– しょうぶ学園nuiプロジェクト展 –

2018.12.12 – 19 
DEE’S HALL:東京都

トークイベント
福森伸(しょうぶ学園統括施設長)×皆川明(minä perhonen

12月は、世界中から合言葉のように聞こえてくる
”メリークリスマス”

そこの場所からは・聖誕快樂:スィンダンファイロッ(広東)
その場所からは・Vesele Vanoce:ヴィセレーヴァーノッツェ(チェコ)
あそこの場所から・Buon Natale:ブオンナターレ(イタリア)
あの場所からも・Joyeux Noel:ジョワユーノエル(France)

•••••••••

家族とともに祈る、心にオマジナイ
どこからか聞こえる音に、ダンスを踊る、踊る
子供たちが抱えるプレゼントに、キラキラした目が眩しい
それは、とても大事な12月の

それぞれの:メリークリスマス

DEE’S HALL ここの場所からはーしょうぶ学園の世界ーへ
NUIプロジェクトから、飛びっきり鮮やかな線と色の刺繍、50枚のシャツと
不思議なカタチの7個のオブジェ『これは何?』と訊ねると『•••これは猫』と答える、
7個の赤い猫。
猫クッキーの、聖者の行進。
縫うこと、彫ること、描くことに
まっすぐな園生のエネルギーは『12月は赤』がとてもよく似合う。
しょうぶ学園、アバンギャルドな世界へようこそ。

この場所からメリークリスマス

プロデュース:イワタトシ子

Pleasure

2018
Pleasure(プレジャー)
:愛知県蒲郡市竹谷町錦田 17-3

ショップリニューアルに伴う、空間、インテリアのディレクション。

空間には、3つの舞台を。
−feel・open・look−
その舞台には、作品や人の
そのものが持つ、表現される形や美しさを
感情が見える、息使いが感じられるように
舞台の上でそれらを表現させたいと思いました。

それは、それら一つ一人の物語がちゃんと、存在する のです。

クリエイティブディレクション イワタトシ子
デザイナー 株式会社BEETS 日々野義之
コントラクター 株式会社いとう建匠 早川佳宏

森、道、市場2018 「I love me」しょうぶ学園が森道にやって来る

2018.5.12-13
森、道、市場
 愛知県蒲郡市

愛知県蒲郡市で開催されている「森、道、市場」。
しょうぶ学園を招いてのイベント(ライブ、映画上映、物販)企画を、I have a dreamでさせていただきました。

鹿児島にある、知的障がい者施設『しょうぶ学園』
ここから生まれて来る創作物は、

土から生まれたものたち、
糸から生まれたものたち、
紙から生まれたものたち、

観るものの心に刺さる
圧倒的なエネルギーを放っている。
それは、しょうぶ学園の人々が自由で素直な
ありのままの心で、
いつもの毎日を送っているからなのだろう。

-プログラム-

聴く=Otto & orabu ライヴ
観る=しょうぶ学園 ドキュメンタリーフィルム so : but [and] = 1,2,3,4
触る=しょうぶ学園、又関連クラフト作品 販売

イベント詳細:I have a dream

企画:イワタトシ子

内田みち子・十六夜キモノ展「シルクロード Vol.2」

十六夜キモノ展02

2018.1.27-28
used clothes A
:名古屋市

内田みち子・十六夜キモノ展 
「シルクロードvol.2」
アンティークのキモノ・帯の展示販売

今日は特別な日だ。
目を閉じ、耳をすませると、遠い、遠い、無限の彼方から、何かが聞こえて来る筈だ。
聞こえて来ない筈はない。
今日は、アジア各地にゆったりと、大きく張り廻らされているシルクロードの、あらゆる関門が開かれ、駅亭という駅亭には市が立ち、隊商という隊商は、いっせいに東へ向かって出発する日だ。
 - 奈良をめざして・井上靖の文中より

シルクロードは東は奈良、西はローマを結んだ、長大な東西貿易路である。
その経路には、広大な砂漠や聳え立つ山脈など、多くの自然の障壁が存在するにも関わらず、古来、様々な人々を共に各地の特産品が運ばれた。
「その中に、シルクロードを渡り正倉院にたどり着いた『唐組平緒』の帯がある。その帯との出会いから、深くシルクロードを想うようになった」
と内田みち子が語っていた。

遥かなり シルクロード…時を紡ぐ…

キモノトーク・ワークショップ
キモノトーク 内田みち子
着付け 押切正子
お菓子・お弁当 -At the table 2015- 中條順子
空間植物 Mie Niira

プロデュース:イワタトシ子

イヌイット・Ⅱ Essencial of INUIT

2017.12.12- 24
shop 22:名古屋市

- 私は既に美味しいアザラシを3回食べた…
『 ウワガ プイシ ママガアガ ピンガショリアッショガ ネリィリィップンガー 』

北米の先住民族イヌイットの生活に思いをめぐらせる旅、第二弾。厳しい自然の中でたくましく、そして愉しく生き生きと暮らすイヌイットの人々に思いを馳せ、12月は北の大地が焦がれる太陽の赤や、深い夜の黒などアーティストたちのエッセンスが溢れ出します。

vessels of pottery_ 安斎賢太
 プリミティブなフォルム_磨き込まれた黒陶の器

pottery figures_ 河合和美
 小さなかたち_陶器の人形

knit_PIKE WORKS
 賑やかなモチーフ_愉しいニットの靴下

paint_ 湯浅景子
 生命の線_自由に綴られたドローイング

kiln glass objects_ 加藤尚子
 赤い小さなカタマリ_ ガラスのオブジェ

candle_ 河合悠
 作灯_赤と白のキャンドル

antiques_ cite[広島]
 アンティーク_フランスより生活の道具たち

books_ LIEB BOOKS 本
 好奇心_ 世界各地から集められたイヌイットの書籍

sweets_ 中條順子
 甘い魅惑_クランベリーの入ったヴィーガンのシュトーレン

baked goods_ しょうぶ学園・森節子
 素朴なお菓子_少女と動物のお菓子

プロデュース:イワタトシ子(shop22として)

イヌイット・Ⅰ Essencial of INUIT

inuit1

2017.11.11-26
shop 22:名古屋市

- 私は既に美味しいアザラシを3回食べた…
『 ウワガ プイシ ママガアガ ピンガショリアッショガ ネリィリィップンガー 』

北米の先住民の生活に思いをめぐらせる旅へ。イヌイットのスピリットに22のエッセンスが加わり、第一弾の11月は愉しいオブジェやくらしを彩るものたちが並びます。

books_ LIEB BOOKS
 ヨーロッパから届いたイヌイットの書籍たち

metal of animals_ 長谷川竹次郎
 動物のオブジェやアクセサリー

woven works_ kasane
 エスキモーの風や雪 手織りのマット

Chair mats_ 若松由香×BANKOミュージアム
 シンプルな線 織の椅子敷

pottery_ キム・ホノ
 カラフルで美しい器たち

kiln glass objects_ 加藤尚子
 黒い小さなかたまり_ ガラスのオブジェ

pottery dolls_ しょうぶ学園
 素朴でユニークな陶の人形

cloth works_ fukami×湯浅景子×アトリエレイ
 プリミティブなイラストレーション
 ストール・ひざ掛け・カバン・エプロン

プロデュース:イワタトシ子(shop22として)

Viva La Vida 素晴らしき人生

viva la vida

2017.11.4
used clothes A
:名古屋市

地球に存在する多くの感情。
その人間の感情は私たちの人生を苦しめる一方で喜びや強さを生み出す。
悲しみの中から優しさが生まれ、苦しみの果てから明るさと笑いが生まれる
世界中の様々な人々の生活と感情を体感。
心の奥にある魂に触れ、
本当の自由性を引き出します。
Bienvenidos

第1部 「音楽と絵画を身体で鑑賞する」

第2部 「味覚や五感を身体で共有する」

第3部 「身体と感情の繋がりを内なる自分が観賞する」

参加アーティスト

Keiko Ando 逗子 ART YOGA 主宰
Nanakha Olatunji Blissworkout主宰
Kaori Mashio a.k.a.Shivalife ロー・ビーガンスイーツクリエイター
non-et  | ノネット ハーブティー
Tsuyoshi Nagata 映像

プロデュース:イワタトシ子

野口あや子写真歌集「眠れる海」展 出版オープニングイベント

眠れる海

2017.10.28
喫茶モノコト〜空き地〜
:名古屋市

歌人 野口あや子
撮影 三品鐘

パネリスト:
海上宏美(批評家)
今野裕一(雑誌「夜想」編集長)
イワタトシ子
司会:加藤治郎(歌人)

〜 短歌実作者による歌集批評会ではなく、舞台批評を手がけるパネリストによる、ファッションの展示も多く手がけるパネリストによる、またサブカルチャーや美術も手がけるパネリストにより、「短歌のことば」「短歌のわたし」「短歌のからだ」を多角的にとらえる試みです。〜(フライヤーより)